身体に毒素が溜まる訳

体に毒素が溜まる理由

体に毒素が溜まるのはなぜ?だと思います。

この理由が分かれば、あなたも健康になれると思いませんか
意外と簡単・・・でも、難しい。特に現代は。今は、こんな時代だからですね。

その昔といってもついこの前まで、
日本では化学肥料などを使わず、堆肥のみで栄養を与え作物を作ってきましたよね。

今でいう有機農法です。

でも、今、現代では有機農法の食材を探さないと口にすることはできません。

もしも、有機農法で作られた作物や食品を、遠方へ届ける場合。
多少なりとも保存料を使用しなければ、届け先に到着する前に腐ってしまいます。

さらに、それらを運ぶためには、車などを使いますよね。

車や保存するための冷蔵庫を作るには、
有害金属を使用することもあります(正常に処理されれば、これらの金属は決して悪ではありません)。

なので、これらの物流の動きには、必ず人工合成化合物がついてまわっています。


汚染物質の摂取と蓄積

いくら食べるものに気を使っていても、今、現代で生活している以上、
肥料・保存料をはじめとした人工合成化合物を口にします。

また、ダイオキシン・排気ガスを完全にシャットアウトすることはできません。

さらに、天然の魚からでも、知らないうちに有害ミネラルを取り入れてしまっていることさえもあります。

厚生労働省によると
「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて(平成17年発表)」
という文書を発表するほど、これらの汚染は現実的で、かつ切実なんですね。

もともと、人には、体に不要なものを、尿や便、汗から排出する、という働きが備わっています。

でも、水に溶け出しにくい脂溶性の物質は、尿や汗から排出させることはできないんですね。

さらに、多く摂り過ぎている場合は、排泄機能が追いつかないこともあります。

なので、知らないうちに有害物質が体の中で蓄積されてゆくんですね。

少しはお役に立てました?

あなたもぜひ、岡山県倉敷市の本格的岩盤浴『岩盤健康革命』ヘお越しください。

a:9579 t:5 y:9