岩盤浴の入り方

岩盤浴未体験の方に岩盤浴の入り方をご説明致します。

  • 当店は基本的には手ぶらでお越し頂いてOKです。(着替えのショーツのみお持ち下さい)
    • フロントにて下記のセットをお貸しします。
      • 作務衣(さむえ)  1セット
      • 大判バスタオル   1枚
      • 高級フェイスタオル 2枚
  • ショーツの着替えのみお持ち下さい
    • 受付を済ませて、ロッカールームで着替えます。
    • その後、水分補給して岩盤浴室


s_ganbansaisyono5fun.jpg
  • 指定されたベッド(番号でご案内します)へバスタオルを敷きます。
  • イラストのようにうつ伏せで5分間
  • 枕元に砂時計(5分計)・壁には時計があります。
s_ganbanaomuke10fun.jpg
  • 続いて、仰向けになって10分間
  • このセットの最後の頃になるとジワリと汗がにじんできます。
s_ganbankyukei5fun.jpg
  • 休憩室で約5分間休憩します。
  • そのとき十分水分を補給してください。
  • 折角身体を芯から温めているので、あまり冷たい水を飲まずにお湯で割ってお飲み下さい。
  • 休憩時間・岩盤浴時間は一応の目安です
  • 慣れてきたら、ご自分のペースを作って、一番気持ちの良いと感じる入り方を決めて下さい。
  • この後再度岩盤浴室へ戻り【5分うつ伏せ】【10分仰向け】【5分休憩】を時間内で繰り返してください。
  • 決して無理をせず、ご自分が一番気持ち良いと感じる入り方をしてください。
  • 岩盤浴室からでたら、少しクールダウンしてから、着替えてください。
  • 大きなランドリーボックスがありますので、その中に使用済みの作務衣・バスタオル・フェイスタオルを入れて下さい。

 実際に当店をご愛用いただいているお客様の「入浴前」と「入浴後」の 写真を撮らせていただきました。

s_nyuyokumae.jpg

入浴前の作務衣の状態です。
乾燥した状態です。

s_nyuuyokugo1.JPG

入浴後の作務衣の状態です。
前から撮影させていただきました。
上着のすそが少しだけ乾燥した状態です。
その他の部分はバケツで水をかけたくらい濡れているのがお分かりいただけると思います。

s_nyuuyokugo2.JPG

入浴後の作務衣の状態です。
後ろから撮影させていただきました。
完全に濡れています。

 シャワーはお好みでお使い下さい。

  • 身体全体が、サラサラの汗と新鮮な皮脂が混じった天然のクリームにやさしく包まれていますので、出来れば数時間はそのままにしておいたほうがいいように思います。

数回利用されているうちに休眠汗腺が元気になり、能動汗腺として十分機能しだしますので、汗が出やすくなります。

 なぜ岩盤浴でかく汗はサラサラなのかのご質問にお答えします。

  • まず哺乳類で皮膚に汗腺が発達しているのは人間が一番です。
  • それは脳が非常に発達しているので、その脳を守る必要があるからです。
  • 汗をかくセンサーは【皮膚センサー】【脳センサー】に分かれます。
  • 皮膚センサーは暑いと感じると【汗をドッとかかせます】
  • 汗の元は血液ですが、毛細血管から汗腺へ水分と一緒に血漿が含まれた濃い汗が出ます。
  • コレはドロドロとした、少しにおいの強い汗となります。
  • 岩盤浴で遠赤外線の放射により細胞が共鳴共振運動をし、また温かい鉱石に接することで接地温度が伝わり体温が徐々に上昇してくると、今度は脳センサーが脳の温度を守るために汗をかくように指示を出します。
  • 脳センサーの支持による発汗は、【ゆっくり】【ジックリ】と始まります。
  • 皮膚センサーの支持での発汗は、ちょうど大雨の後の川の流れのように色々な成分を含んだ汗となりますが、脳センサーの支持での発汗は、穏やかな川の流れのごとく、澄んだ極めて水に近い汗となります。
  • このとき身体に必要な成分を再度汗腺が毛細血管に返します。
  • コレが汗腺の【再吸収作用】といわれるものです。
  • それゆえ、サラサラの汗になるのです。

ざっくりとしたお話でしたが、
時々岩盤浴で出る汗は
身体の奥深くにある違う汗腺から汗がでるからです。とか言って説明して入る岩盤浴さんがあるので、詳しくご説明しておきます。

 話が長くなりますが・・・

育成光線のお話もさせていただきます。

「育成光線」という言葉を始めて目にされた方もいらっしゃるかと思いますので、ここで簡単にご説明させていただきます。

一言で言うと
太陽からの無限の贈り物「育成光線」です。
当社の「皇輝石」は太陽と地球からの贈り物と言えます

「育成光線」とは「遠赤外線」(厳密に言うと中赤外線)の波長域の中で4〜14ミクロンの波長を言います。

太陽光線をその波長で分けるとこのような図になります。

各種セミナーで岡山大学の上者教授が説明に使用されているパワーポイントのシートを貼り付けてみました。

画像の中の4〜14ミクロンの部分を「育成光線」と呼びます。

  • 育成光線は
    • 遠赤外線」の中で、その波長が
    • 4〜14ミクロン
    • 人間や動植物の身体に吸収されやすい
    • 吸収光線」のことです。
      • 冬の寒い日に太陽に日向ぼっこをしていると体がポカポカと暖かくなるのを感じることができると思いますが、まさに「育成光線」が体に吸収されているのです。
  • 「育成光線」の特徴
    • 水の重合のチェーンを切りクラスターを小さくし
    • 水の分子構造を小さくする。
    • 水の酸化還元電位を下げて抗酸化作用を促す。
    • 水をアルカリ性にする。
    • 生物、動物、人間の発育・成長、を促す。
    • 細胞、筋肉、組織、臓器の活性化を促す。
  • なぜ、4〜14ミクロンの波長が人体に好影響をもたらすのか?
    • 地球上の全ての物質は太陽光線を吸収する。
    • その吸収した波長と同じ波長の電磁波を再放射する
    • その波長は、その物質の「温度」で決まる。
    • その計算式は(ウィンの法則)
      • 2987÷絶対温度
      • =2987÷(273+その物質の温度)
      • =吸収波長
      • =再放射波長
    • 例えば37℃の体温の人間は
      • 2987÷(273+37)
      • =2987÷310
      • =9.64
      • 従って人間の吸収波長と再放射波長は約9.6ミクロンと言うことになります。
  • 小学校の時に「音叉」の実験をした事があるのを覚えていらっしゃいますか?
    • 手に持った「音叉」を金の棒でたたくと
    • 離れた場所で木箱に取り付けられた「音叉」が共鳴して、木箱から「音」が発生します。
    • これがまさに共鳴共振運動です。
    • 波長が5ミクロン位違っても「音叉」は反応します。
    • それゆえ4〜14ミクロンの波長が「育成光線」と呼ばれ人間や動植物に効果的に作用します。
  • それでは実際にその波長の「育成光線」が放射されているかのデータをお見せいたします。
  • 室温35℃時の育成光線放射強度のグラフ
  • 室温35℃時の育成光線放射率のグラフ
    • 放射率とは黒体を100としたときのその物体の放射強度の比率
    • すなわち 物体の放射強度÷黒体の放射強度=放射率

室温35℃時の育成光線放射率のグラフ

  • なぜ60℃での「遠赤外線」の放射強度・放射率を測定しているか?
  • 物体は絶対零度(摂氏-273℃)以上では必ず「遠赤外線」を放射しています。その放射強度は温度が高ければ高いほど強くなります。その比較のためです。
  • 室温60℃時の育成光線放射強度のグラフ
    • 室温35℃時の育成光線放射率のグラフと比較してみてください。
    • 室温35℃時の育成光線放射率のグラフのピークの横軸の数値が【1.2000】とあるのに対して、室温60℃時の育成光線放射強度のグラフでは【1.6000】となっています。
      室温60℃時の育成光線放射強度のグラフ
  • 室温60℃時の育成光線放射率のグラフ
    • 放射強度が上がり、放射率も高くなっていることがお分かりいただけると思います。
    • さまざまな商品で「遠赤外線」の放射率・・・%という表現がなされていますが、厳密にいうと「○○度で○○%」いう表現なされる必要があります・
      室温60℃時の育成光線放射率のグラフ
  • 育成光線の面白い実験
    • 育成光線放射の製品とグレープフルーツを準備します。
    • グレープフルーツジュースを二つのグラスに注ぎます。
    • 片方のグラスは育成光線商品の上に置きます。
    • 片方のグラスは普通にテーブルの上に置きます。
    • 5分くらい後に二つのグラスのグレープフルーツジュースを飲み比べて見てください。
    • 味が違うのがお分かりいただけると思います。
      • これはPHの変化によるものです。
      • 育成光線の還元作用です。

 岩盤浴のベッドの温度が50度前後に設定してあるのは?

  • 上記のご説明にありますように、遠赤外線(育成光線)は温度が高ければ高いほど放射強度・放射率も高くなります。
  • それゆえ、殆どの岩盤浴施設はそういった設定にしてあります。

 低温やけどの心配は?

  • よく低温やけどの心配はないの?というご質問を受けます。
  • 50度の岩盤に5時間ほどバスタオルを敷かず、なおかつ身動きもしない状態でじっとしていると間違いなく低温やけどをします。
  • しかし、当社の岩盤浴施設では、バスタオルを敷きます。
  • 人間は熱ければ、手を離したり、身を動かして避ける本能があります。
  • 現実問題は心配はあまりないと思います。(バスタオルを敷かずにぐっすりとオヤスミになる方は別ですが・・・)

 ダイエットに効果があるの?

  • ダイエットに効果は?
  • 女性のお客様からのお尋ねの一番はこの点です。
  • まず肥満の原因を考えて見てください。
  • ①低代謝?運動不足?
  • ②もしくは一日に必要なカロリー以上に食物を摂取する?
  • ③もしくは、ホルモンの異常で太る?
  • 色々あると思います。②&③は別にして、
  • ①の場合は間違いなく 低体温=低代謝
  • 体温が低ければ代謝が悪くなると言うことです。
  • ご自分の体温を測って見てください。
    • ①36.5℃以上
    • ②36.0〜36.4℃
    • ③35.5〜35.9℃
    • ④35.0〜35.4℃
  • 上記のどのあたりでしょうか?もちろん①であれば本当に健康で殆ど病気もされないでしょう。
  • 人間の身体の中のホルモンであるとか酵素は36.5℃から37.0℃で一番効率良く働くそうです。
  • 最近は③の方が圧倒的に増えてきて、原因不明の不定愁訴に悩まされています。
  • ④の方も多いです。日常的に肩こり・生理痛・生理不順・アトピー・あざが出来やすい・赤ら顔・下肢静脈瘤その他の症状を常
    に訴えていらっしゃいます。
  • ③&④の方は体温を上げる努力をする必要があります。
  • 腹巻・足湯・お風呂で半身浴・その他色々ありますが、一番簡単なのは岩盤浴だと思います。

熱ショックたんぱく質について

育成光線のお話の次は岩盤浴の秘密兵器熱ショックたんぱく質についてです。

  • HSP
  • ヒートショックプロテイン
  • 熱ショックたんぱく質
    すべて同じものですが、さまざまな表現がなされています。
  • 簡単な説明
    • どんな生物, 植物, 細菌でも持っているもので, 様々なストレスにより増加するが, 特に熱によるストレスで増加する。
  • 細胞のなかには多くのタンパクが存在しているが, ここに突然ストレスが加わると, タンパクの構造の異常が起きたり, 異常になったタンパク同士が凝集してしまう。
  • HSPは, こうした正常に機能しなくなったタンパクの障害部位を見つけて, どんなタンパクでも治してしまう。
  • また, 細胞の障害がひどく修復が不可能な場合には, その細胞を死に導いてくれる(アポトーシス)。
  • HSPと免疫の違い
  • 免疫の場合は, 抗原に対して特異的にしか起こらず, ある病原体に対して免疫を獲得しても別の病原体(ストレス)に免疫を示すことはない
  • しかし, HSPはあるストレスにより誘導されたHSPによりストレス抵抗性を獲得し, これは他のストレスに対しても同様に抵抗性を示す
  • また, HSPは加温により 2日後をピークに1〜4日後に増加し 1週間後にはもとに戻ってしまう
  • これに対して免疫は, ある特定の抗原に対して長期間にわたり効力を持つ
  • 最近注目のHSP温熱療法
  • 42.5℃を超える熱によってガン細胞を死滅させる通常の温熱療法に対して, HSP温熱療法は38.5℃程度の熱によりHSPを増加させて, 傷ついた細胞のタンパク質を修復させるというもの。
  • 細胞のほとんどはタンパク質でできており, このタンパク質が傷つけられることによって様々な病気が引き起こされる。
  • HSPはこうした障害を修復する役目を持ち, 細胞は傷ついた時に自らHSPを産生して障害を治そうとする。
  • HSPは様々なストレス(医学的には精神的, 物理的, 化学的刺激によって状態に変化が生じること)により産生されるが, 中でも熱によるストレスにより最も増加し自己治癒能力が高まる。
  • 実際に加温する際には, 腹部(免疫細胞の多くがが腸に存在する)を温めることにより免疫力の向上に繋がる。
  • これ以上の詳しい説明は日本のHSP研究の第一人者の愛知医科大学の伊藤要子先生の書かれた本がアマゾンで簡単に手に入りますので、一度お読みになって見てください。
  • もちろん岩盤浴salasalaの喫茶コーナーにも色々な本が置いてありますので、岩盤浴の後にゆっくりお読み下さい。

マイナスイオンについて

育成光線・熱ショックたんぱく質と続きましたが、最後の秘密兵器はマイナスイオンです。

  • マイナスイオンは界面活性作用が強いです。
    • 水分子を細かくする力が強いので、岩盤浴でかく汗は非常に細かい水滴になります。
  • マイナスイオンは人間をリラックスさせる力が強いです。
    • 岩盤浴で横になっていたら、ついウトウトとしてしまうのはマイナスイオンの作用かも知れません。
  • マイナスイオンの自然界で発生要因
    • 【1】レナード効果による発生
      • 滝で水が岩に激しくぶつかり水が破砕される時に発生するものを言います。
    • 【2】コロナ放電・プラズマ放電による発生
      • 激しい放電によって発生する大気中の電気現象を雷と言い、このとき「マイナスイオン」が多く発生します。
    • 【3】放射性物質による発生
      • 放射性物質がから放射線が地表に飛び出るときに電離作用でマイナスイオンを発生させます。
  • 通常の場合、鉱石から出る「マイナスイオン」は【3】のパターンです。
  • 電気を使用せずに「マイナスイオン」を発生させるのは【3】を利用する以外にありません。
  • しかしながら、大量の放射線をだす放射性物質を使用することは法律でも規制があり、また人道的にも許されることではありません。
  • 法的な実質的な規制値は 370ベクレル/gです。
    【参考資料】
    核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律施行令
    第19条
     法第61条の2第1項第3号に規定する政令で定める限度は、放射能濃度については74ベクレル毎グラム(固体状の核原料物質にあっては、370ベクレル毎グラム)とし、ウランまたはトリウムの数量については、ウラン量に3を乗じて得られる数量若しくは、トリウムの量又はこれらを合計した数量で900グラムとする。

このベクレル(放射能量)の測定は財団法人日本分析センターというところでしてもらいます。

ちなみに当社でも定期的に分析してもらっています。

  • 平成18年9月の検査結果

    左ページ表紙         右ページ表紙の裏
    1ページ目 2ページ目

    左ページ1ページ目         右ページ2ページ目
    4ページ目・分析結果
    4ページ目:分析結果

    【重要】

    • 【ウラン系列】においては【0.1ベクレル以下】
    • 【トリウム系列】においても【0.8ベクレル以下】
    • と規制値を大きく下回っています。
  • という検査結果です。当店岩盤浴salasalaの大量のマイナスイオンに関しては心配ないということです。

 お問合せは下記のフォームをご利用下さい。

a:38652 t:10 y:12